『時代に負けるな!高3生』

ロープウェイ街を少し東に入ったところに位置する河合塾マナビス松山中央校です。
今回は、高3生の奮闘振りをご紹介させてください。

松山中央校(外観)

今年の高3生は、ご存知の通り『新入試第一世代』です。
2019年の年末には、英語の外部試験の見送りや共通テストの数学Ⅰや国語の記述式の出題もなくなることが発表されました。そして、コロナ禍です。
松山中央校では、『時代に負けるな』と高3生を応援しています!

現在松山中央校では、たくさんの高3生に通っていただいています。
早ければ15:00過ぎには、生徒さんの第一陣が校舎に集まってきます。第二陣は18:30頃です。
しっかりとマスク姿でご来校いただいています。

松山中央校(自転車)

この時間帯になると、1席間隔でご用意している受講ブースは、ほぼ満席となります。

『先生、お時間いいですか?進路の事で相談があるんですけど…』
『やるからには、少しでもいい環境の大学を目指したいと思います』
『今いいですか?数学の質問なんですけど。』
『過去問を解いたんですけど、今の時期にどれくらいの手応えだったらいい感じですか?』
『次の模試で、何割くらい取れていたら大丈夫ですかね?』
『体育祭の〇〇の長になったんですけど、勉強頑張りますんで!』

高3生にとっては、すべての事が『高校最後の〇〇』
一つひとつに悔いを残したくはない。大学も行きたいところに行きたい。
っていう純粋な気持ちが、生徒さんの言葉一つに詰まっているように感じています。

『やるしかないんで』
生徒さんたちから最近よく聞くフレーズだなあと気がついた言葉です。

『時代はどうにもならないこともある。でも、自身は自分次第で変えられる』
そんな意気込みを感じさせてくれます。
2月の模試のあと、次の目標として捉えていた6月の全国模試を終えました。
『結果が悪いから勉強していない。結果がいいからよく勉強している』
こんな単純な話はないよねって生徒さんに伝えています。

みんなは、それぞれにしっかり勉強していることは間違いない。
模試は軌道修正をするきっかけにすればいい。
学習量が足りないと思えば学習量を増やそうよ。
苦手な単元が見つかれば攻略する作戦を一緒に練ろうよ。
ここは、先生たちの出番です!

生徒さんにいつも伝えていることです。

松山中央校の高3生、それぞれの想いのまま、ありったけの想いをこの夏に注ぎ込もう。
そして、松山中央校で一緒にこの夏を!とご興味を持っていただいた方、ぜひご連絡をお待ちしています。


松山中央校 TEL:089(934)6593
松山中央校のHPはこちらをご覧ください。