【英語で褒め褒め親子WS】褒めると自己肯定感が上がる、なんでだろう?

こんにちは。BE studio東石井教室・レッスン担当Mamiです。

◆はじめに◆
10月31日(土)開催の「英語で褒め褒め親子ワークショップ」
たくさんの方に興味を持っていただいており、お申し込みも続々といただいております。ありがとうございます。
感染症予防対策として、ご参加可能人数を制限させていただいておりますので、ご興味のある方はお早めにお申し込みください。

◆英語で褒め褒めワークショップってなにするの?◆

前回のブログでご紹介したように、英語には日本語と比較しても簡単に、そしていろんな場面で使える褒め言葉がたくさんあります。
今回のワークショップは、実際にその褒め言葉をたくさん体験できるスペシャルレッスンなので、おうちでも実際にすぐに使ってもらうことができるのが特徴です。
(「ワークショップってなに?」と思われた方はコチラのブログをご覧ください。)

◆褒めると、自己肯定感が上がる仕組み◆

さて、今日の本題です!
褒めると、自己肯定感が上がる仕組みを簡単にお伝えしますね♪

まず、自己肯定感とは、いろんな意味合いがありますが、私が普段レッスン生やおうちの方とお話しするとき、お伝えているのは以下の力です!

「自分で自分を幸せにする力」

日本は諸外国に比べて自己肯定感が低く、さらには10代になるとその自己肯定感の低さが顕著になるという内閣府のデータもあります。子供のうちに自己肯定感を高める方法を身につけておくことはとても重要になります。

では、なぜ自己肯定感が下がるのかというお話から始めます。
人間は脳の仕組み上、出来ないこと、失敗したこと、うまくいかなかったこと、不平、不満に最初に意識が行くようになっています。

そうなってしまうと
「できていないところ=欠点」ばかりに目が行くようになり

・「どうせ」・「だって」・「でも」

というような「言い訳三大ワード」をはじめとするネガティブな思考が生まれ、前向きに行動できなくなります。これが、自己肯定感が下がる原因です。

褒めるとなぜいいのか?◆

それは、出来てること、成長しているところ、うまくいっているところに最初に目と意識を向けることができるからです。

303186_s

そうすることで安心して、出来ていないところに目を向け改善方法を自分で考えることが出来ます。すると、

褒めポイントに気づく

安心する

欠点も冷静に受け止めることが出来る

改善しようという気持ちが生まれる

成長する

成功体験が生まれる

自己肯定感がさらに上がる

自分ってなんかいい感じ!という幸せを感じる

という「ポジティブループ」に入ります。
褒めて、自己肯定感を上げていくということは、このように「自分を自分で幸せにする力」と「思考力」をつけていくことです。

英語は、簡単に使える褒め言葉が豊富にあります。ぜひそのうちのいくつかでもご家庭で使っていただいて、お子さんの自己肯定感を上げる習慣を身につけていただければうれしいです。

BE studio 英語で褒め褒め!親子ワークショップ「10月31日開催」です!みなさまのご参加お待ちしています!
workshop001_pc