小学生の英語4技能検定「GTEC junior」を実施しました!

こんにちは。英語教育事業部の長谷部です。
10月24日(土)・25日(日)の両日に「GTEC junior」を実施いたしました。
両日とも、寺小屋グループがベネッセと提携して運営している英語カリキュラムを受講しているお子様たち中心に受検してもらいました。

24日(土)は BE studio東石井教室の小4・5・6生のレッスン生、
25日(日)は ESTjuniorを受講している今治中央教場の小5・6生を中心に受検してもらいました。

※BE studioは、ベネッセの年中~小学生までの対面英会話レッスン
※EST juniorは、 ベネッセの「English Speaking Training」オンラインの英語スピーキング対策講座の小学生版です。

改めてのおさらいですが、
GTECとは、“Global Test of English Communication” のことで「国際標準基準を満たした英語4技能検定」です。

特に、GTEC juniorは 、小学校・中学校の英語の授業で学んだ内容を通して

「聞く」「読む」「話す」「書く」

の4技能の英語力がどれくらい身についているのかをタブレットを用いて楽しく測れる検定です。

お子様たちにとっては「自分の意見を自分の言葉で伝える」など、受検の経験自体が「英語を使えた」達成感につながるように工夫されているカラフルなイラストを使用し、小学生がイメージしやすい場面設定をすることで、楽しく取り組めるような問題になっています。
image

また、スコアは毎年蓄積されるので、1年間でどの技能がどれくらい伸びたか実感できるため、英語を続けて学ぶことのモチベーションのひとつにもなりますし、小学生のうちから国際基準の英語力検定を受けることに慣れておくこともできます!

image (1)

※現在、GTEC受検は開催条件を満たした学習塾のみで受検可能です。

さて、今年のGTECは去年受検していたお子さまにとっては待ちに待った受検でした。
普段のレッスンでも「前回よりはスコア、よくなっとると思う!」とか「初めてで難しかったスピーキングも今年はもっと出来るようになりたい!」と意欲をもってレッスンに参加してくれていました。

受検が終わった後は「難しかったところもあるけど、楽しめた!」「去年より出来た気がする!」とそれぞれに手応えを感じていたようです。

実際に受検の運営をしていると、去年はタブレットの操作にも不安そうだったお子様が落ち着いて使いこなし、普段のレッスンと変わらない大きな声でスピーキングに対応しているのを間近で見られ、彼らの成長の素晴らしさに感動しました。

初めて受検するお子様も慎重かつ積極的に検定に取り組んでいました。
「今から自分のスコアがとても楽しみだ!」と結果を心待ちにしているお子様もいらっしゃいます。
このGTECは、使える英語力を継続的に測定することができるので今の自分の英語力でできることだけでなく次の目標設定がしやすいのも特徴です。

せっかく身につけている英語力、ぜひ定期的に測定して自分の中の「できるようになっている!」という喜びを感じてください。

image-2_小